TOP
>
スピーカーを見る
>
保科眞智子

保科眞智子

日本の伝統文化である茶道は、格式が高いイメージが先行し、親しみやすいものとは言いがたい。しかし、利休百首にも出てくるように、「茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて 飲むばかりなることと知るべし」と本来は極めてシンプルなもの。本コンテンツでは、茶道家の保科真智子さんが、お茶の世界に根ざす精神を解説し、お稽古事としてのお茶ではなく、日常に茶の湯の心を取り入れることで見えてくるもの、変わるものを伝える。
早速VOOXを聴いてみよう!